Aomori Technical High School
 青森県立青森工業高等学校

 〒039-3507青森県青森市大字馬屋尻字清水流204番1 TEL:017-737-3600 FAX:017-737-3601  
 

生徒定数(定時制)

 

定時制の概要

生徒会通信

▼ 平成30年度
▼ 平成29年度 (クリックで展開)
▼ 平成28年度 (クリックで展開)
▼ 平成27年度 (クリックで展開)
 

平成30年度 経営方針 定時制

1 校訓

「協和 創造 勤労」

 

2 教育目標

(1)社会のよき形成者となるため、人格の陶冶に努めさせると共に、社会の変化に主体的に対応できる能力を育成する。

(2)勤労を尊び、自然を愛し、自主的・積極的で、心身ともに健全な工業技術者を育成する。

 

3 学校経営方針

(1)夢を叶えるために、自ら挑戦し、頑張る生徒を育成する。

(2)生徒を育てることを意識しながら、叱る、褒める、学ぶことを徹底する。

(3)気持ちの揃った青工を形成する。

 

4 今年度の重点目標と方策

(1)  学習指導

  学習指導の充実

   ア 生徒の実態に即した魅力ある授業を展開し、積極的に授業に参加させる。

   イ 生徒一人ひとりに目を配りつつ、全体としてまとまった分かる授業を行う。

   ウ 職員室の雰囲気を明るくし、教師間の意思疎通を滑らかにすることで、きめ細かな指導を行い、生徒全員の進級・卒業・進路達成に繋げる。

  教職員の研修の充実

   ア 各センターで実施される講座のほか、工業系の技術講習会等への参加を促し、授業力向上に繋げる。

   イ 互見授業を実施し、他教科の新鮮な授業を取り入れることで授業力を高める。

 

(2)生徒指導

  基本的生活習慣の確立

   ア 挨拶を励行する。

登下校時の挨拶、職員室へ入退室時の挨拶を励行する。

   イ 校則を守るよう指導する。

携帯電話・スマートホンを朝のHR時回収箱に預ける。授業中の使用を禁止する。校舎内外で歩行時の「ながらスマホ」を行わないように指導する。

   ウ 欠席、遅刻、早退を防止する。

保護者と学校間の連絡を密にする。

  生徒理解

ア 授業中の態度から生徒を理解する。

授業担当者との情報交換を密にし、寝させない、無駄な私語をさせない。

   イ 保護者との連絡を密にする。

生徒の些細な変化を保護者と学校間で共有し、いじめ等の防止へ繋げる。

 

(3)進路指導

  自己の進路を決定するために「ものづくりマイスターの派遣事業」「企業見学」「仕事力養成事業」等を活用して、多様な人々の卓越した技能や先輩の話を進んで取り入れ、前向きに考える生徒を育成する。

  進路達成のために「職業レディネステスト」「職業適性検査」等の結果を踏ま     えながら、自分のスキル向上のため「資格試験」「面接実践」などに積極的に挑戦する心を養う。

 

(4)学年運営

(1年次)

 学校及び家庭での学習環境を整え、学習習慣を確立する。

   ア 不必要な物は持ち込まず、机の周りを整理整頓する。

   イ 配布物・持参物の確認を徹底し、忘れ物をしない。

   ウ 課題提出の期日を守る。

 規則正しい生活を送り、生活習慣を身につける。

   ア 欠席をせず登校する。遅刻・欠席の連絡を徹底する。

   イ 服装や頭髪などを整え学校生活を送る。

   部活動に参加し、集団行動を通して規範意識を高める。

   ア できる限り部活動に参加し、活動を行う。

 

(2年次)

 学習環境を整備し、学習習慣を確立する。

ア 課題の提出期日を守るよう指導する。事情があって期限に遅れそうな場合や遅れた場合は、自分から担当教諭に申し出るよう指導する。

イ ホームルーム時や授業時の連絡はメモを取らせ、忘れ物をしないよう注意を喚起する。

     規律正しい生活態度を身につける。

ア ルールや校則が存在する理由を考えさせ、保護者の協力を得ながら自発的に服装容儀を整えることができるよう指導する。

イ 生徒自らが発する言葉について、その言葉遣いや内容を相手の立場に立って考えられる気持ちを付けさせる。

   向上心を持ち、目標を達成しようとする意欲を養う。

ア 授業や学校生活の中で興味を持ったものごとについて、その気持ちを大切にし、実践に繋げていくような声がけを行う。

イ 生徒同士が励まし合い、進んで資格取得に取り組める雰囲気を作る。

 

(3年次)

 学習環境を整え、規則正しい生活態度を身につける。

ア 遅刻・欠席・早退をしない。遅刻・欠席等する場合は、必ず学校へ連絡する。

   イ 普段からの挨拶・返事を徹底する。

ウ 課題等の提出物の期限を守る。

  ② 進路目標を設定し、卒業に向けての意識付けをする。

ア アンケート調査や面談を行い、生徒一人一人の進路を明確にする。

   イ 専門の資格取得を通して、早期から進路意識を高める。

③ ホームルーム活動や部活動、学校行事に積極的に参加し、集団行動の中で信頼関係や協調性、責任感を育み、心身共に健全で逞しい人間を目指す。

ア クラス全員が一丸となって部活動や行事に参加するよう努める。

イ 継続して一つの物事をやり遂げたときの達成感と満足感を伝える。

 

(4年次)

     自らの進路を自らの責任において考えさせ、希望進路を達成できるようにする。

   ア 就職希望者に対して求人票の閲覧方法を指導し、志望動機について考えさせる。

    イ 進学希望者に対して始業前や夏季休業中を利用し、学科試験や適性試験の補習を行う。

    ウ 公務員希望者に対し、外部講習を受講させる。

過去問題を配布し、必要に応じて対策指導を行う。

     社会人と同様に規律正しく、明るく前向きな生活態度を養う。

ア 職員室へ出入りする際の心得、職員や来客への挨拶等を徹底して指導する。

イ 日常の言葉遣いを意識させ、場に適した遣い方ができるようにする。

 

(5)部活動

① できる限り入部を促し、積極的に活動できるように支援する。

② 日々の練習時間を確保し、練習に取り組む意欲を高める。万全な状態で大会に臨めるように選手を支援する。

 

(6)工業教育

① 学習指導

   ア 全員が赤点0

    ・学年と連携し、欠課時数を減らし、超過させない。

    ・理解が不足するような生徒に対して個別指導を行い、欠点科目を無くする。

長期休業中や0校時、特別時間の放課後等を利用する。

    ・ものづくりの楽しさ・面白さを伝える。

    ・実習を伴う授業の内容を工夫し、精選する。

    ・サンドブラスト、陶芸等の過去に実施していた実習内容を見直す。

    ・座学時の教材を研究する。

    ・実習前の講話において、事例を紹介する。

② 生徒指導

   ア コミュニケーションがとりやすい実習を活用し、生徒と教師の信頼関係を構築する。

   イ 自分の考えを相手に伝えることができるようにする。

   ウ 挨拶ができるようにする。

   エ 休まないことの大切さを教える。

   オ 健康の大切さを自覚させる。

 ③ 進路指導

ア 実習等の開始前集合時の指導を活用する。

    ・進路等に関わる講話や情報提供を適宜行う。

    ・生徒の1分間スピーチを行い、コミュニケーション能力を育成する。

④ 安全指導  

   ア 実習時等の作業を伴う授業では、絶対に怪我をさせないようにする。

    ・実習前の集合時、安全指導を徹底する。

    ・教員の安全衛生に関わる知識を向上させる。(実社会での安全衛生の実態把握)

⑤ 資格取得の奨励

ア 授業と連携した資格取得の内容の向上を図る。

    ・計算技術検定3級・4級、パソコン利用技術検定、基礎製図検定について前年度を上回る合格者を出す。

    ・初級CAD試験(機械系・建築系)に挑戦させる。

    ・アーク溶接、自由研削といし、振動工具取扱者、粉じん作業、ガス溶接の資格取得を推奨する。

    ・卒業までに5種以上の資格取得を推奨する。

 イ 授業と連携していない資格取得を推奨する。

    ・危険物取扱者、溶接技能等に関わる試験・講習を推奨する。

⑥ 外部団体主催コンテスト、競技会への参加を促す。

    ・大学主催の高校生建築設計競技に参加させる。(入賞を目指す)

    ・建築士会主催の高校生建築甲子園に参加させる。


 

沿革概要(定時制)

元号月日出来事
昭和23年5月 1日 定時制課程設置許可され、中心校・蟹田分校・高田分校・今別分校発足す・設置課程、中心校は普通科・工業科(機械科・木材工芸科)、蟹田分校・高田分校・今別分校は普通科。
昭和26年 5月 1日 後潟分校設置許可(後潟村・蓬田村・奥内村三村組合立)普通課程。
昭和27年 5月 1日 高田分校青森実業高等学校に配置替えとなる。
昭和27年10月 1日 今別分校独立す。
昭和28年 4月 1日  青森浪館保安隊に中心校の浪館分室設置許可・普通課程。
昭和29年 4月 1日 後潟分校に家庭科別科設置許可。
昭和31年 4月 1日 中心校普通課程生徒募集停止し廃止となる。
昭和36年 3月31日 中心校浪館分室閉室す。
昭和38年 4月 1日 高等学校教育課程の改定により木材工芸科を工芸科と改める。
昭和41年10月26日 蟹田中学校新築校舎への移転の為、蟹田分校は独立校舎となる。
昭和43年 9月20日 創立20周年記念式典。
昭和48年 4月 1日 高等学校教育課程の改定により工芸科をインテリア科に改める。
昭和52年11月 2日 創立30周年記念式典。
昭和53年 10月 1日  後潟分校閉校。
昭和55年 4月 1日 蟹田分校閉校。
昭和62年11月 2日 創立40周年記念式典。
平成 9年10月24日 創立50周年記念式典。
平成12年 4月 1日 単位制・三修制導入。
平成18年 4月 1日 学科統合により、工業技術科の1学科募集となる。
平成19年 9月29日 創立60周年記念式典。
平成23年 4月 1日 馬屋尻地区に新校舎竣工、移転となる。
平成29年  6月16日 創立70周年記念式典。