Aomori Technical High School
 青森県立青森工業高等学校

 〒039-3507青森県青森市大字馬屋尻字清水流204番1 TEL:017-737-3600 FAX:017-737-3601  
 

生徒定数(定時制)

 

定時制の概要

生徒会通信

▼ 令和元年度

▼ 平成30年度 (クリックで展開)
▼ 平成29年度 (クリックで展開)
▼ 平成28年度 (クリックで展開)
▼ 平成27年度 (クリックで展開)
 

平成31年度 経営方針 定時制

 

1 校訓

「協和 創造 勤労」

 

2 教育目標

(1)社会のよき形成者となるため、人格の陶冶に努めさせると共に、社会の変化に主体的に対応できる能力を育成する。

(2)勤労を尊び、自然を愛し、自主的・積極的で、心身ともに健全な工業技術者を育成する。

 

3 学校経営方針

(1)生徒個々の「人間力」を高め、自らの人生を切り拓いていこうとする「チャレンジマインド」を育成する。

(2)工業にかかわる知識・技術・実践力を身に付け、地域の発展に貢献できる職業人を育成する。

(3)健全な職場風土の醸成に努める。

 

4 今年度の重点目標と方策

(1)学習指導

① 学習指導の充実

ア 主体的な学びを促すため、生徒自らが自身の学習を振り返り改善する機会を積極的に設ける。

イ 生徒の実態に即した魅力ある授業・分かる授業を展開し、生徒自身が積極的に授業に参加する環境を整える。

ウ 教職員間の意思疎通を滑らかにし、きめ細かな指導を行うことにより、進級・卒業・進路達成につなげる。

エ 地域に貢献する職業人育成のため、優れた知識・技術・実践力を身に付けさせる。

② 研修の充実

ア 研修に積極的に参加し講座を受講するほか、技術講習会へも積極的に参加し、その知識・技能を生徒に還元する。

イ 互見授業を実施し、他教科の新鮮な授業を取り入れることで授業力を高める。

(2)生徒指導

① 基本的生活習慣の確立

ア 挨拶を励行する。

登下校時の挨拶、職員室入退室時の挨拶を励行する。

イ 校則を守る指導する。

携帯電話・スマートホンを朝のHR時回収箱に預ける。授業中の使用を禁止する。校舎内外で歩行時の「ながらスマホ」を行わないように指導する。

ウ 欠席、遅刻、早退を防止する。

保護者と学校間の連絡を密にする。

エ 授業中の態度から生徒理解をする。

授業担当者との情報交換を密にすることで、寝させない、私語をさせない。

オ 保護者との連絡を密にする

生徒の些細な変化を保護者と学校間で共有し、いじめ等の防止へつなげる。

(3)進路指導

① ものづくりを通じて、個々の「人間力」「チャレンジマインド」の向上を図るとともに活気ある学校生活を目指す。

ア 企業見学を実施し、地域社会や産業界への理解を深める。

イ 社会人講師等による講演会、講習会を実施する。

ウ 資格取得のための「チャレンジマインド」の指導及び課外指導や講習会を実施する。

② 適切な就業観・職業観を養い、すべての生徒の進路実現を図る。

ア 進路だよりの発行を通し、保護者への適切な進路情報の提供を図る。

イ 個人面談を通し、生徒の主体的・自立的な進路選択を助け、その目標を達成するよう指導する。

ウ 進路希望調査・適性検査の結果を進路決定に効果的に活用する。

(4)工業教育の推進

① 職業人として必要とされる力を身に付けさせる。

ア 生徒と教師の信頼関係を構築しながら、職業人として必要な人間性を養うとともに、規範意識を育成する。

イ 外部人材を活用した授業等を充実させ、実践力、コミュニケーション能力、社会への適応能力等の育成を図る。

ウ 資格取得のような目標を持った意欲的な学習を通して、自ら考え行動し、適応していく力、チャレンジ精神などの積極性を育成する。

② 工業技術に関する基礎的・基本的な知識、技術及び技能を身に付けさせる。

ア ものづくりなどの体験的学習を通して、実践力やものを大切にする心を育成する。

イ 施設・設備の日常的な管理を行い、実習室の整理整頓・環境整備に努め、安全作業を徹底する。

(5)1年次

① 規律ある生活態度を身につける。

ア ルールや校則が存在する理由を伝えた上で、保護者の協力を得ながら、自発的に服装容儀を整え、時間を守ることができる生徒を育てる。

イ 毎日の様々な場面において、相手の話をきちんと聞き自分の考えを丁寧に伝える態度を育成する。

② 向上心を持ち、目標を達成しようとする意欲を養う。

ア 授業や学校生活の中で興味を持ったものごとについて、その気持ちを大切にし、実践につなげていくきっかけを作るよう努める。

イ 生徒同士で励まし合い、すすんで資格取得に取り組む雰囲気づくりをする。

(6)2年次

① 学校及び家庭での学習環境を整え、学習環境を確立する。

ア 課題の提出期日を厳守するよう指導し、遅れた場合は速やかに連絡するよう指導する。

イ 配布物・持参物の確認を自発的に行うよう徹底し、忘れ物をしないよう指導する。

② 規律正しい生活態度を身につける。

学校における校則やルールを常に意識し、自発的に行動するよう指導する。

③ 部活動や学校行事に積極的に参加し、集団行動を通して規範意識を高める。

クラス全員が部活動や学校行事に参加するよう努める。

(7)3年次

 基本的生活習慣の確立を目指し、規律ある生活態度と学力を育て、物事に一生懸命取り組む姿勢を育てる。

ア ホームルーム活動等で、常に進路を意識させた指導をする。また、凡事徹底を心掛けさせ、礼儀正しく、適切な言葉遣いや服装ができるようにする。

イ 授業を大切にし、学力向上を目指す。

ウ 面談を通して生徒理解に努める。

(8)4年次

① 自らの進路を、自らの責任で選択し、自ら意欲的に対策した上で、希望進路を達成できようにする。

ア 就職希望者に対して、求人票の閲覧方法を指導し、志望動機・面接について考えさせる。

イ 進学希望者に対して、始業前や夏季休業を利用して、オープンキャンパス等への参加、志望校の研究、面接対策などの指導をする。

② 社会人と同様に規則正しく、明るく前向きな生活態度を養う。

ア 職員室への入退室の際や職員・来客への挨拶等を徹底して指導する。

イ その場に適した服装・頭髪・言葉使いができるよう指導する。

 

沿革概要(定時制)

元号月日出来事
昭和23年5月 1日定時制課程設置許可され、中心校・蟹田分校・高田分校・今別分校発足す・設置課程、中心校は普通科・工業科(機械科・木材工芸科)、蟹田分校・高田分校・今別分校は普通科。
昭和26年 5月 1日 後潟分校設置許可(後潟村・蓬田村・奥内村三村組合立)普通課程。
昭和27年 5月 1日 高田分校青森実業高等学校に配置替えとなる。
昭和27年10月 1日 今別分校独立す。
昭和28年 4月 1日  青森浪館保安隊に中心校の浪館分室設置許可・普通課程。
昭和29年 4月 1日 後潟分校に家庭科別科設置許可。
昭和31年 4月 1日 中心校普通課程生徒募集停止し廃止となる。
昭和36年 3月31日 中心校浪館分室閉室す。
昭和38年 4月 1日 高等学校教育課程の改定により木材工芸科を工芸科と改める。
昭和41年10月26日 蟹田中学校新築校舎への移転の為、蟹田分校は独立校舎となる。
昭和43年 9月20日 創立20周年記念式典。
昭和48年 4月 1日 高等学校教育課程の改定により工芸科をインテリア科に改める。
昭和52年11月 2日 創立30周年記念式典。
昭和53年 10月 1日  後潟分校閉校。
昭和55年 4月 1日 蟹田分校閉校。
昭和62年11月 2日 創立40周年記念式典。
平成 9年10月24日 創立50周年記念式典。
平成12年 4月 1日 単位制・三修制導入。
平成18年 4月 1日 学科統合により、工業技術科の1学科募集となる。
平成19年 9月29日 創立60周年記念式典。
平成23年 4月 1日 馬屋尻地区に新校舎竣工、移転となる。
平成29年  6月16日 創立70周年記念式典。