Aomori Technical High School
 青森県立青森工業高等学校

 〒039-3507青森県青森市大字馬屋尻字清水流204番1 TEL:017-737-3600 FAX:017-737-3601  


 

生徒定数(定時制)

 

定時制の概要

平成27年度 経営方針 定時制

1 校   訓
「協和 創造 勤労」

2 教育目標
  1. 社会のよき形成者となるため,人格の陶冶に努めさせると共に,社会の変化に主体的に対応できる能力を育成する。
  2. 勤労を尊び,自然を愛し,自主的,積極的で,心身ともに健全な工業技術者を育成する。

3  学校経営方針

  1. 教育目標を実現するために、本校において、どのような生徒を育てるかということを絶えず意識しながら、あらゆる教育活動で、それを具現化するために計画、実践する。
  2. 本校の現状を踏まえ、これまでの実績と反省に基づいて取り組み、専門高校として、地域社会及び企業・大学の信頼を得られるように、教育的秩序が整然と維持されている学校を目指す。

4  今年度の重点目標と具体的方策

(1)  学習指導の充実 

ア 授業の充実

(ア)指導方法を工夫して、分かる授業の展開に努める。

(イ)生徒の学習意欲を喚起するため、魅力ある授業の展開に努める。

イ 基礎学力の定着・向上

1年次に対する中学校の学び直しにより、基礎学力の向上に努める。

ウ 資格取得の奨励

学習意欲を高めるために、資格取得の奨励に努める。

 

(2)  生徒指導の充実

   ア 授業規律の確立

(ア)授業ルールの確立に努める。

(イ)授業における好ましい師弟関係の確立に努める。

イ 基本的生活習慣の確立

(ア)挨拶の徹底に努める。

(イ)遅刻・欠席・早退の防止に努める。

 

(3)  進路指導の充実

ア ライフプランの確立(1年次)

基本的生活習慣・学習習慣の確立に努める。

イ 勤労観・職業観の育成(2年次)

進路意識を高めるために、勤労観・職業観の育成に努める。

ウ 進路目標の設定(3年次)

進路達成の基礎固めとして、早い段階における進路目標の設定に努める。

エ 進路目標の達成(4年次)

きめ細かな進路指導により、教師、生徒、保護者が連携して、進路目標の達成に努める。

 

(4) 開かれた学校づくりの推進

ア 地域社会との連携の推進
保護者や地域社会との連携を深めるため、保護者や地域に対して学校行事や部活動の結果等の報告に努める。

イ 中学校訪問の実施

工業高校への興味・関心を高めるため、本校の教育内容や活動状況の紹介に努める。

ウ 積極的な情報発信

学校の説明責任を果たすため、積極的な情報発信に努める。

  

 (5)  環境美化の推進

ア 安全で快適な学習環境を整備するため、校内外における清掃の徹底に努める。

イ 安全で衛生的な事故ゼロの環境を目指し、実験・実習室の整理・整頓に努める。

 

(6)  工業教育の推進

  ものづくり感性の醸成
現場意識を高揚させるとともに、完成を目標として最後まで取り組もうとする意識の育成に努める。

  安全管理の推進

安全管理を配慮したものづくり教育に努める。

  将来ビジョン、具体的目標を持たせる工夫

資格取得講習の実施、各種発表会参加への支援、専門技術の魅力紹介に努める。


 

沿革概要(定時制)

元号月日出来事
昭和23年5月 1日 定時制課程設置許可され、中心校・蟹田分校・高田分校・今別分校発足す・設置課程、中心校は普通科・工業科(機械科・木材工芸科)、蟹田分校・高田分校・今別分校は普通科。
昭和26年 5月 1日 後潟分校設置許可(後潟村・蓬田村・奥内村三村組合立)普通課程。
昭和27年 5月 1日 高田分校青森実業高等学校に配置替えとなる。
昭和27年10月 1日 今別分校独立す。
昭和28年 4月 1日  青森浪館保安隊に中心校の浪館分室設置許可・普通課程。
昭和29年 4月 1日 後潟分校に家庭科別科設置許可。
昭和31年 4月 1日 中心校普通課程生徒募集停止し廃止となる。
昭和36年 3月31日 中心校浪館分室閉室す。
昭和38年 4月 1日 高等学校教育課程の改定により木材工芸科を工芸科と改める。
昭和41年10月26日 蟹田中学校新築校舎への移転の為、蟹田分校は独立校舎となる。
昭和43年 9月20日 創立20周年記念式典。
昭和48年 4月 1日 高等学校教育課程の改定により工芸科をインテリア科に改める。
昭和52年11月 2日 創立30周年記念式典。
昭和53年 10月 1日  後潟分校閉校。
昭和55年 4月 1日 蟹田分校閉校。
昭和62年11月 2日 創立40周年記念式典。
平成 9年10月24日 創立50周年記念式典。
平成12年 4月 1日 単位制・三修制導入。
平成18年 4月 1日 学科統合により、工業技術科の1学科募集となる。
平成19年 9月29日 創立60周年記念式典。
平成23年 4月 1日 馬屋尻地区に新校舎竣工、移転となる。