Aomori Technical High School
 青森県立青森工業高等学校

 〒039-3507青森県青森市大字馬屋尻字清水流204番1 TEL:017-737-3600 FAX:017-737-3601  
 

生徒定数(全日制)

 

令和2度 経営方針 全日制

1 校  訓

  「協和 創造 勤労」
 

2 教育目標

(1)社会のよき形成者となるため、人格の陶冶に努めさせると共に、社会の変化に主体的に対応できる能力を育成する。

(2)勤労を尊び、自然を愛し、自主的・積極的で、心身ともに健全な工業技術者を育成する。


 

3 学校経営方針

(1)生徒個々の「人間力」を高め、自らの人生を切り拓いていこうとする「チャレンジ
 マインド」を育成する。

(2)工業にかかわる知識・技術・実践力を身に付け、地域の発展に貢献できる職業人を
 育成する。

(3)生徒一人ひとりに愛情を注ぎ、特性に合った支援を行う。

 

 

4 今年度の重点目標と方策

(1)学習指導

 ① 学習指導の充実

 ア 分かる授業を展開し、未修得者を出さない。

 イ 深い学びを実現するために魅力ある授業を展開し、生徒の学習意欲を向上させる。
 ウ 研究授業を実施することで教員の授業スキルに役立てる。

 ② 学習習慣の定着

 ア 朝読書の時間を有効活用するとともに、豊かな人間性を涵養する。

 イ 生徒への課題をとおして家庭学習を習慣化することで基礎学力を向上させる。

 ウ 資格取得講習と部活動のめりはりをつけ、資格取得と部活動を両立させる。


(2)生徒指導

 ① 基本的生活習慣の確立

 ア 挨拶の励行

   登下校時の玄関での挨拶指導、職員室へ入退室時の心得、来客への挨拶・会釈の励
   行等を通し、場面に応じたさわやかな挨拶ができるようにする。

 イ 規律ある学校生活を送る

   スマホの利用マナーの指導等を行い、適切な利用ができるようにする。特に、「歩
   きながらのスマホ」「SNSを介しての誹謗中傷」については、徹底した指導を行
   う。

 ② 問題行動の未然防止

 ア 教育相談委員会との連携

   各分掌・学年・学科間で情報交換を徹底し、連絡・連携を図り、生徒の健全な育成
   に努める。

 イ いじめ防止対策委員会との連携

   日常における生徒観察、いじめに関するアンケート等を有効活用し、未然防止に努
   める。

 ③ 特別活動・部活動の活性化と心身ともに健全でたくましい生徒の育成を目指す

   部活動の奨励、生徒会活動への積極的な参加など、多様な活動を通して、人間力の
   向上を図る。


(3)進路指導

 ① 自己理解から主体的な進路選択

   適正検査や外部講師を活用して、自己の能力や適性を理解させる。

 ② 進路意識の育成

 ア 企業ガイダンスや企業見学並びにインターンシップを通じ、職業観・勤労観及び主
   体的に進路を選択する能力や態度を育むとともに、社会人・職業人としての心構え
   を育成する。

 イ 卒業生による講話会を実施し、進学及び就職に対する意欲を高める。

 ③ 学校及び地域との連携

 ア 学年、学科、教科及び地域との連携を密に、3年間を見通した体系的なキャリア教
   育の充実を図る。

 イ 「進路の手引き」や「合否データ集」等を有効活用した進路希望別指導の充実と学
   年、学科及び保護者への適切な情報提供と連携を図る。


(4)工業教育の推進

  ものづくりへの積極的な取り組み

 ア ものづくり活動を通じて面白さや奥深さを知り、生徒一人ひとりと親身に向き合い
   最後まであきらめない精神の育成と実践的技術者としての資質向上を図る。

 イ ものづくりコンテスト各部門での優勝、ロボット競技全国大会の上位入賞を目指
   す。

 ② 安全管理と専門技術の推進

   安全管理を配慮したものづくり教育の実現と工業技術の進展に合わせた、職員の研
   修を積極的に推進する。

 ③ 将来のビジョン、具体的目標を持たせる工夫

 ア 資格取得講習の実施、各種発表会参加への支援、専門技術の魅力紹介に努める。

 イ ジュニアマイスター合計120名、各種資格の合格率を60%とする。


(5)1学年

 ① 授業を大切にし、集中して教師の話を聞く態度を身につけさせる。

 ア 「授業優先」を明確にし、ベル前着、準備、挨拶、課題の提出を徹底し、基礎・基
   本の定着を図る。

 イ 教科連絡会議を開催し、特定の教員に負担がかからないよう情報を共有し、学年全
   体の問題としてみんなで取り組む。

 ② 生徒個々の特性を理解し、個々に応じた指導をする。

 ア 個人面談、三者面談等を計画的に実施する。学級担任、教科担任、部活顧問等と適
   宜情報交換をし、密接な連携を図る。

 ③ 規則正しい生活態度の育成。(時を守り、場を清め、礼を正す)

 ア 教員・生徒の共通理解に基づく計画的な生徒指導を実施する。

 イ 身だしなみを整え、挨拶を励行し、節度ある行動が主体的にできるよう、あらゆる
   機会を捉えて指導する。

 ウ 起床・就寝・食事の規則正しい生活をするために、保護者の協力を得る。

 エ スマホの使用におけるマナーをその都度、注意喚起していく。

 ④ 生徒一人ひとりの進路希望を把握する。

 ア 進路志望調査や面談を通して、早期に進路志望を把握する。

 イ 進路の手引きや進路に関わるガイダンス及び進路講演会等を活用して、積極的に参
   加させ、進路意識の向上を図る。

 ⑤ 資格取得にどんどんチャレンジさせる。

 ア 各科・各教科と連携しながら必要な講習を実施する。

 イ 就職・進学ともに3年後を見据え、具体的に目標資格を設定して取り組ませる。

 ウ 将来の進路選択の幅を広げるために、ボランティア活動や専門以外の資格取得を奨
   励する。

 ⑥ PTA行事に多くの保護者に参加していただく。

 ア 資料の充実や保護者向け講演会を実施し、保護者が学校へ来やすいようにする。

 イ 学年通信・学級通信等を定期的に発行し、学校内情報の提供に努める。    

(6)2学年

 ① 自ら学ぶ態度の育成と基礎・基本の定着を図る。

 ア 「授業優先」を明確にし、ベル前着、準備、挨拶、内容理解、課題の提出を徹底
   し、基礎・基本の定着を図る。

 イ 生徒の生活状況や学習状況を把握し、生徒が主体的に学習に取り組むよう適切に指
   導する。

 ウ 学校に必要のないものは持ち込まず、机の周りの整理整頓をこころがけて学習環境
   を整えさせる。

 ② 基本的生活習慣の確立を目指した生活指導を徹底するとともに、生徒一人ひとりの
   理解に努める。

 ア 生徒自ら身だしなみを整え、心のこもった挨拶を励行し、節度ある行動が主体的に
   できるよう、あらゆる機会を捉えて指導する。

 イ 起床・就寝・食事などが不規則にならないように、規則正しい生活をすることをこ
   ころがけて、基本的生活習慣を身につけさせる。

 ウ 実社会で通用するマナーを身に付け、周囲に思いやりのある、良い人眼関係を築く
   ことが出来るように指導して、社会に貢献できる職業人を育てる。

 エ 個人面談、三者面談等を計画的に実施する。学級担任、教科担任、部活顧問等と適
   宜情報交換をし、密接な連携を図る。

 ③ 資格取得を通して次年度の進路決定に向けて意識を高める指導を行う。

 ア 教員・生徒の共通理解に基づく計画的な進路指導を実施する。

 イ 就職・進学ともに来年を見据え、具体的に目標資格を設定して取り組ませ、将来の
   進路選択の幅を広げるために、ボランティア活動や専門以外の資格取得を奨励す
   る。

 ウ 各科・各教科と連携しながら生徒一人ひとりのレベルアップを図り、社会の変化に
   対応出来る力を蓄えて自分の道を探すことが出来るように導く。

 エ 進路志望調査や面談を通して、生徒一人ひとりの進路希望を把握する。

 オ インターンシップを通して職業に対する意識を高めるとともに、進路の手引きや進
   路に関わるガイダンス及び進路講演会等を活用して、進路意識の向上を図る。

 ④ 生徒の個性の開発と伸長を図り、「人間力」を高めるための「チャレンジマイン
   ド」の育成をこころがけて、自己のあり方や生き方等についての自覚を深めさせ
   る。

 ア 修学旅行など学校行事や学級活動に積極的に関わることで、協調性や社会性を身に
   付けさせる。

 イ 全員が部活動に参加して、やり通すことの意義を伝え、集団行動を通して社会規範
   意識の向上を図り、身体及び精神面を鍛える。

 ⑤ 保護者との連携を密にし、開かれた学校づくりに努める。    

 ア 学年PTAや保護者研修会への参加を呼びかけ、学校内の状況や適切な進路情報を
   提供する。

 イ 学年通信等を定期的に発行し、学校内情報の提供に努める。

 

(7)3学年

 ① 進路を第一志望で達成する

 ア 就職・進学ともに具体的志望を早く固める→今後が予測不可能なだけに早く行い、
   必要に応じて随時面談実施

 イ 必要な学力をつけ、資格を取得する→先が見通せない今だからこそ学力をつけ、資
   格を取る

 ウ 頭髪服装規則を守る→隙を見せない

 ② 授業を大切にする

 ア 授業に集中して取り組む→きちんと準備し、授業時にできるだけ理解に努める

 イ とにかく欠席をしない→全ての基本は授業にあるので、無理できる無理はする

 ウ 課題等の提出期限を絶対守る→授業の一環であり、理解の一助であり、社会人と
   しての準備である

 ③ 行事や学校生活を大切にする

 ア 休まない→起床就寝が不規則にならないように、保護者にもお願いする

 イ 積極的に参加する→最後の学校生活になる者も多いので、様々な経験をする

 ウ 学校を楽しむ→社会的訓練の場とすると同時に、新たなものへ興味を喚起する場と
   する

 ④ 人のことをよく考える

 ア 「気づき」を大切にする→社会人として必要な判断・行動をするため、周囲に気を
   配る

 イ 周りを大切にする→自分よりも他を優先させることで、社会的人間になるよう努め
   る

 ウ 思いやりを大切にする→環境・境遇等全ては違うということに立脚して、寛容なる
   精神を養う