Aomori Technical High School
 青森県立青森工業高等学校

 〒039-3507青森県青森市大字馬屋尻字清水流204番1 TEL:017-737-3600 FAX:017-737-3601  
 

校長挨拶

青森県立青森工業高等学校のホームページにようこそおいでくださいました。

皆様方におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、常日頃から本校教育活動に対しましてご協力とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

本校は、大正二年に青森市立工業徒弟学校として、家具科一科、修業年限二ヵ年、生徒定員40名で青森市茛町(現在の青森市立茛町小学校付近)に設立されました。創立から108年を迎え、卒業生は二万四千名を超え、県内のみならず、県外の工業界など様々な職種において活躍する有為の人材を輩出して参りました。

今、世界中で新型コロナウイルの蔓延が深刻度を増し、我々の生活に更なる抑圧と不安が広がり、今後どのような展開を見せるのかは、もはや誰もが分からないような状況であります。本来であれば東京五輪が開催され、記念すべき年となったであろう令和2年度でありますが、県都の工業高校としての使命と誇りを再認識し、本校の新たな歴史のページを加えることができるよう、精進して参りたいと考えています。

さて、拡大を続ける未知の感染症との対峙、技術革新等による社会構造や雇用環境など、我々を取り巻く環境は絶えず変化し、予測困難な時代となっています。このような時代を生き抜く子どもたちには、専門知識はもちろんのことでありますが「自ら学び、考え、行動する力」をはじめとした「生きる力」がますます必要となります。また、変化を前向きに受け止め、社会や人生を人間ならではの感性を働かせて、より豊かなものにしていくことが求められています。

今年度は、文武両道の校風の下、「協和・創造・勤労」の校訓を受け継ぎ、学校経営方針に「生徒個々の“人間力”を高め、自らの人生を切り拓いていこうとする“チャレンジマインド”を育成する」「工業にかかわる知識・技術・実践力を身に付け、地域発展に貢献できる職業人を育成する」「生徒一人ひとりに愛情を注ぎ、特性に合った支援を行う」ことを掲げ、教育活動を展開して行きます。また、子どもたちが新しい時代を主体的に切り拓く力が身に付くよう、職員一同、一致協力体制で取り組んで参りますので、今後とも本校の教育活動にご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。



青森県立青森工業高等学校

校長  赤井 茂樹