Aomori Technical High School
 青森県立青森工業高等学校

 〒039-3507青森県青森市大字馬屋尻字清水流204番1 TEL:017-737-3600 FAX:017-737-3601  
 

工業クラブ

工業クラブは、「建築系」、「機械系(ロボット班・自動車班)」、「電気電子系」、「情報技術系」の4つと「ねぶた研究」を含めた5つで構成されています。

<工業クラブの主な活動>

  • 各種資格の取得
  • 各種コンテストへの応募
  • ものづくりコンテストへの参加
  • 技能検定への取組み
  • 地域交流活動
  • 研究活動
 
建築系

◆文化部活動指導計画(工業クラブ建設系).pdf

  祝 8連覇!!

  

2017年 第8回 高校生の「建築甲子園」青森県大会(8連覇)

    優 勝   「CF café(complete freedom café)

         準優勝 「倭人(わんど)のまほろば」

   審査委員長特別賞 「商店街・地域の再生と幼児教育が新たな地域未来に繋がる


                                                                  
              優 勝  『 CF café 』                           準優勝 『 倭人(わんど)のまほろば 』           

                
 審査委員長特別賞『 商店街・地域の再生と幼児教育が新たな地域未来に繋がる 』
 
機械系

◆文化部活動指導計画(自動車班).pdf
◆文化部活動指導計画(ロボット部).pdf


(1)どのような活動をする部活ですか?

Honda エコマイレッジチャレンジ」に参加するための製作活動を行っています。

 

(2)「Honda エコマイレッジチャレンジ」とは?

 本田技研工業が製造・販売するオートバイ『スーパーカブ』の50ccエンジンを使用し、規定に合わせた独自の車体で規定走行距離を規定時間以内に走行し、走行前と走行後の燃料重量差から消費量を計算。『1リッターのガソリンでどれくらい走れるのか』を争う競技です。速さではなく燃費性能を競う、新しいモータースポーツです。

 

(3)具体的な活動は?

 栃木県の「ツインリンクもてぎスーパースピードウェイ」国際サーキットで行われる全国大会(高校生クラス)に出場しています。

 車体を自分たちの手で設計・製作し、エンジンを組み立て・調整します。工具や工作機械の扱い、機械加工、金属加工、溶接などの技術をはじめ、電気理論やものづくりの基本を習得できる部活動です。エンジンの性能もさることながら、車重、車体剛性、車輪の転がり抵抗、ドライバーの体重など様々な要素を考えます。

 

(4)活動を通して

製作はトライアンドエラーの繰り返し、危険な作業もありますが、とてもやりがいのある活動です。自転車の知識も使用することもあるので高校生でも興味を持ちやすいです。上位を狙うには大変な競技ですが、自分たちが製作した車両がサーキットを走る姿を見るのは格別のものがあります。

(5)これまでの参加記録

本田宗一郎杯 Honda エコマイレッジチャレンジ 全国大会

青森工業高校 参加記録

1

15年度(2003):リタイヤ(初参加)

11

25年度(2013):未エントリー

2

16年度(2004):リタイヤ

12

26年度(2014)142.379 km/完走

3

17年度(2005)129.490 km/完走

13

27年度(2015)217.839 km/完走

4

18年度(2006):未エントリー

14

28年度(2016)242.701 km/完走

5

19年度(2007)207.??? km/完走

15

29年度(2017)205.983 km/完走

6

20年度(2008)290.??? km/完走

16

30年度(2018)

7

21年度(2009)306.700 km/完走

17

 

8

22年度(2010):リタイヤ

18

 

9

23年度(2011):リタイヤ

19

 

10

24年度(2012):未エントリー

20

 

 
                                                                                                                    
    

 
情報技術系